家庭教師のリスタ

高卒認定の試験科目

Pocket

この記事では「高卒認定(高認)」の試験科目について説明します。

高卒認定の試験科目は独特です。

受験者は必修科目と選択科目を組み合わせ、自分で自分がどの科目を受験するかを選ばなければなりません。

これはほとんどの受験生にとってはじめての経験で、かなり多くの人が困惑すると思います。

中学・高校の定期試験では科目も範囲も全て指定されていたわけですから、それも当然ですよね。

ここでは

・高卒認定にはどんな試験科目があるのか
・「必修科目」「選択科目」とは何か
・選択科目はどう選べばいいのか

などについて解説しています。

科目選択を迷っている人、高卒認定の試験システムについてより良く知りたい人、そんな方はぜひ読んでみてください。

 

高卒認定の試験科目は全部で14科目

高卒認定には、全部で14の試験科目があります。

理系科目が

・数学
・科学と人間生活
・物理基礎
・科学基礎
・生物基礎
・地学基礎

の6科目。

文系科目が

・国語
・英語
・現代社会
・倫理
・政治経済
・世界史
・日本史
・地理

の8科目となります。

こうやって一覧を見ると、

「多すぎ!こんなの無理!!!」

と思ってもしまうかもしれませんが、安心してください。

受験者が実際に受けなければならない科目はこの半分程度です。

最小で8科目、一番多い人でも10科目の試験にさえ合格すれば晴れて高卒認定を取得できます。

それではなぜ、受けなくても良い科目がたくさんあるのでしょうか。

それは、高卒認定が科目合格方式によって運営されているからです。

例えば「理科」という教科の中には

科学と人間生活、物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎

の5科目が用意されています。

受験者はこの中から「科学と人間基礎」を含む2科目か、「科学と人間基礎」を含まない3科目に合格することで理科という教科に合格することができます。

これは、受験者の将来を考えての仕組みです。

例えば将来医療方面に進むことを考えている人なら、物理や地学よりは生物や化学を学んだ方が夢に近づくことができますよね。

反対に、工学を学んで技師になろうという人にとっては生物より物理が重要です。

このように、同じ「理科」の中でも受験者の個性によって必要とする科目は違ってきます。

だから「この14科目の中から、あなたに必要な科目を選んでくださいね」というのが高卒認定のシステムなのです。

みなさんも科目選択を決めるときは、ぜひ自分の将来について少し考えてみてください。

自分はどんなことが好きなのか。どんな仕事が自分には向いているのか。自分はどんな将来を送りたいと思っているのか。そんなことを考えながら勉強すれば、高認受験の勉強がもっと実りあるものになるはずです。

 

必修科目と選択科目について

さて、14科目の中から8~10科目を選択する仕組みですが、これはちょっとだけ複雑です。

というのも完全に自由に選択できるわけではなく、全員が取得しなければならない「必修科目」と呼ばれる科目も存在するからです。

これは文書で説明してもなかなか伝わりにくいので、以下に図を作ってみました。こちらを見ながら、必修科目と選択科目のシステムを学んでいきましょう。

教科 試験科目 選択方法
外国語 英語 必修科目
数学 数学 必修科目
国語 国語 必修科目
地理歴史 世界史 「世界史A」またはBを必ず受験
日本史 いずれか1科目を必ず受験(各科目AまたはB)
地理
公民 現代社会 「現代社会」1科目または
「倫理」及び「政治・経済」の2科目を必ず受験
倫理及び政治・経済
理科 科学と人間生活 「科学と人間生活」を含む合計2科目
または、
「科学と人間生活」を含まず合計3科目
物理基礎
化学基礎
生物基礎
地学基礎

上の図にあるように、「英語」「数学」「国語」の3科目は必修科目です。

単位免除を受けない限り、全員が受験しなければなりません。これらは学力の基礎となる重要な科目ですから、高卒認定でも重要視されてます。

反面、地理歴史・公民・理科の3科目はかなり受験に自由度があります。

世界史A・Bのように範囲を選択できるもの、理科、公民のように科目数まで含めて選択できるものなど、科目選択に極めて広い自由度が存在します。

しかしこの自由度、進路にあった科目を学べるというメリットも存在しますが、「どの科目を選べばいいか迷ってしまう」というデメリットも存在します。

というわけで、最後の章では科目の選択方法について解説していきましょう。

 

後悔しない選択科目の選び方

科目選択について話すと、ほとんどの生徒が

「楽な教科を教えて下さい!!!」

と詰め寄ってきます(笑)

気持ちはわかります。誰だって、あえて難しい教科は選びたくないですよね。

しかし高卒認定の場合「飛び抜けて楽な選択科目」は存在しません。

例えば理科の場合、「科学と人間生活」を選択すれば受ける科目数を減らすことができます。しかし「科学と人間生活」は受験範囲が広く、これを選択することで必ずしも楽になるというわけではありません。

また「物理は難しいから他の科目にした方が良い」「倫理政経より現代社会の方が簡単」なんて話もよく聞きますが、それも微々たるもので、勉強量にそこまで大きな違いがでるわけではありません。

ですので、受験科目について悩んでいる方には

「簡単な科目」よりも「興味の持てる科目」を探そう!

といつもアドバイスしています。

興味は学習のブースターです。人は興味が無い分野を10分勉強するよりも、興味が持てる分野を30分勉強する方が楽だと感じるものです。それは高認受験の勉強においても変わりません。

まずは各科目の教科書や参考書を書店でパラパラめくってみましょう。

その中で「この科目は楽しそうだな」「この科目は自分には合わないな」というのを発見していってください。

そうして得た科目に対しての興味や知識は、きっとみなさんの将来を考える上でも役に立ってくれるはずです。

そうして各科目について理解を深めた上で、「この科目は楽しそうだな」とほんの少しでも思えたものを選択しましょう。

みなさんが自分だけの関心や興味を発見できることを願っています。

 

この記事のまとめ

・高卒認定は全部で14科目。そのうち8~10科目に合格すれば高認取得になる
・科目には「必修科目」と「選択科目」がある。必修科目は全員が受験!
・「飛び抜けて楽な科目」は存在しない。「自分の好きな(興味の持てる)科目」を選択しよう!

 

Pocket