家庭教師のリスタ

高卒認定の「科目免除制度」について

Pocket

この記事では高卒認定(高認)の「科目免除制度」について説明します。

科目免除制度とは、高卒認定の本試験を受けなくても特定の科目について試験が「免除」となる制度です。特に

・高校に1学期以上通った人
・英検などの資格を持っている人

に大きな恩恵がある制度で、条件を満たせば高認合格までのハードルがグッと低くなります。

上の条件を満たしている人は、必読です。

 

高卒認定の科目免除制度とは

高卒認定には「科目免除」と呼ばれる制度が存在します。
(参考リンク:試験科目の一部免除について

これは、条件を満たすと試験を受けなくても特定の科目試験が「免除」となる制度で、毎年多くの受験生がこの制度の恩恵を受けています。

科目免除が認められる条件は、大きく分けて次の3つです

①高校などで必要な単位を習得している
②英検、数検などの検定に合格している
③過去の高卒認定や大検で科目合格を達成している

とくに①の条件はかなり多くの受験生が達成しており、受験する科目を大幅に減らせる可能性があります。

それでは、以下で詳しく解説していきましょう。

 

高校などでの単位修得による科目免除

高認受験者の中で最も人数が多いのは「高校を中退した人」です。
しかし、ひとえに「高校を中退した」といっても、その実態は極めて多様です。

たとえば高1の最初の1周間だけしか高校に行かなかった人もいれば、高3の卒業間際まで在籍していた人もいるわけです。この2人に全く同一の試験を課すのはちょっと不公平、ということで高卒認定を主催している文科省は

「高校在学中に取得した単位については、その科目の受験を免除する」という方針を取っています。

在籍していた高校のカリキュラムにもよりますが、1年ほど在学していた人の場合3~7科目程度の科目免除を受けられることが多いです。高認取得に必要な科目数は8~10科目ですから、半分以上の科目が免除になる場合も珍しくないということですね。

さて、そうは言っても「自分がどんな単位を修得しているかわからない」という人も少なくないと思います。

そういった場合は在籍していた高校の事務課に問い合わせてみましょう。

「高卒認定を受けようと思っているので、自分の取得単位を確認したい」

と言えばスムーズに理解してもらえるはずです。

ここで取得科目があった場合は、単位修得証明書と呼ばれる書類を発行してもらいましょう。

この書類は出願手続きの時にも必要になります。

発行に多少(1周間程度)の時間がかかりますので、取得単位を確認した時に発行しておきましょう。
また

「高校で取った単位名と高卒認定の試験科目名が微妙に違う!」
「『数学I』の単位は取れてるけど『代数幾何』は落としちゃってる、これって科目免除になるの?」

といった疑問をお持ちの場合は、下のリンク先の文科省のWEBページを参照してください。

高等学校で修得した単位による免除要件(PDF注意)

どの単位をいくつ修得していればどの科目が免除になるのかについて、詳しく書かれています。

 

技能審査による科目免除

英語、数学、歴史の3科目については「技能審査」による科目免除が用意されています。

以下の検定に合格し「合格証明書」をもらうことで、高卒認定の本試験が免除されます。

世界史Bの場合】

・歴史能力検定(世界史2級以上)

日本史Bの場合】

・歴史能力検定(日本史2級以上)

数学の場合】

・実用数学技能検定(2級以上)

英語の場合】

・実用英語技能検定(準2級以上)
・全商英語検定試験(2級以上)
・国際連合公用語英語検定試験(C級以上)
(上のいずれか1つでOK)

「昔学校で受けさせられた」という人も多いのではないかと思います。

いわゆる「英検」「数検」「歴検」というやつですね。

しかし、ひとつ注意をしておくと

これらの検定に合格することは高卒認定の本試験に合格するよりもかなり難しい

ということは覚えておいて下さい。

技能審査による科目免除は、あくまで既に資格を持っている人向けの制度です。

「高卒認定に合格するためにこれらの資格を目指す」ことはかなり遠回りな道のりになります。自分としてはおすすめしません。

 

過去の科目合格による科目免除

これは厳密には科目免除とは違うのですが、たまに勘違いしている方がいるので追記しておきます。

高卒認定は科目合格制の試験です。

科目合格制とは、試験上いくつかある科目のうち、特定の科目に合格すれば試験に合格となる試験のことです。

高卒認定の科目数は全部で14科目、このうちの8~10科目に合格すれば、晴れて高認取得となります。

しかもこれらの科目に1度に合格する必要はありません。 合格まで何年かけても大丈夫です。1度合格した科目に有効期限などもありません。一生合格として扱われます。
(参考リンク:「高卒認定の試験科目」)

高卒認定の本試験で科目合格した科目があると、「科目合格通知書」と呼ばれる書類が送られてきます。これは次回の試験時に提出することで合格した科目が免除される大切な書類です。大切に保管しておいてください。

 

この記事のまとめ

・科目免除制度とは、特定の条件で高卒認定の試験が免除になる制度
・高校での単位修得、各種検定の合格、過去の高卒認定での科目合格が条件
・高校の事務課に問い合わせると、免除科目の有無を確認できる
・英検、数検、歴検を持っていると科目免除の可能性がある
・過去の高卒認定で合格した科目についても、科目免除となる

 

Pocket